<運営スタッフ>

 

・法務担当

  樋笠知恵

 

・広報担当

  樋笠尭士

ごあいさつ

樋笠バレエ研究所

樋笠バレエ研究所

樋笠バレエ研究所は樋笠よ志江によって1955年に設立されました。当研究所は設立以来、数百人の生徒を育て、数々の賞を受賞し、国際交流公演など、その 活動は日本にとどまらず、海外にまで及んでいます。香川県と外国との架け橋になるダンサーを育てるよう、日々指導を重ねているバレエ教室です。

樋笠よ志江

樋笠よ志江 (樋笠バレエ団主宰)

1932年東京都港区生まれ。55年高松市に移住。同年樋笠バレエ研究所を設立。67年県芸術祭主催公演「ジゼル」を全幕公演。75年樋笠バレエ団を結 成。91年ドイツ・ザールブリュッケン州立劇場バレエ団と国際交流公演。94年ドイツ・ハノーバー州立バレエ団国際交流公演を高松・東京で開催。県芸術祭 奨励賞、県教育文化功労賞、日本バレエ協会文化功労者賞、県文化功労者賞、文部科学大臣表彰地域文化功労者賞、四国新聞文化賞、橘秋子功労賞など受賞。

樋笠淳子

樋笠淳子

橘バレエ学校卒業後、牧阿佐美バレエ団にて活躍。1980年第1回アメリカ国際バレエコンクールにてファイナリスト賞を受賞。文化庁派遣芸術家在外研修員としてアメリカ・フランスに渡る。1984年ダルムシュタット州立劇場と契約。1986年ザールブリュッケン州立劇場と契約。1991年ルツェルン市立劇場と契約。1994年ハノーヴァー州立劇場と契約。トルコ・アンタリア国立バレエ団のバレエ・ミストレスを経て、ポルトガル国立バレエ団芸術監督助手を努める。現在は、高松市に活動拠点を移し、英語を用いたバレエのレッスンなど、画期的な手法で指導が有名。